×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「郷土の新聞」秋田魁新報

秋田魁新報は秋田魁新報社の発行する新聞です。県民の大方は読んでいるといってもいいすぎではありません。セット販売制(朝夕刊)で、発行部数は約26万部(2001年)。この地方では長い歴史を誇る秋田魁新報です。おおむね中道の秋田魁新報です。地方特有の地方紙が強い事から、保守・革新を問わず影響力は大きいようです。また、秋田放送・秋田テレビにも出資しています。先に県民の大方は読んでいると言ったが秋田県において新聞購読者の大半が秋田魁新報を読んでいる。県内独自の情報には強いが、全国記事は取材が間に合わず、共同通信配信の記事を、引用している。東京の夕刊は20ページ程度あるが、秋田魁新報の朝刊は10ページ程度、夕刊はその半分以下です。2007年9月、共同通信の間違った記事を載せたため、双方どちらに責任があるか問題になっています。2007年4月1日より朝刊の即売価格を100円から120円へ値上げした。

秋田魁新報事件

秋田魁新報の元事業局開発部長市川雅由が書いた「小説・秋田魁新報社 虫けらの魂」で秋田魁新報と秋田県庁土木部の癒着をセミドキュメントの形で出版した。大曲支局の仕事のかたわら、土木業者らを取材し、証拠を固めた。この事により、1987年秋田魁新報の会長が経営するカントリークラブの改造を秋田魁新報の幹部が中心になって、秋田県治山事業として予算化し、施工した事が発覚。民間のゴルフ場の改修工事を、公共工事といつわり、県のお金を支出するという、県と秋田魁新聞の癒着が発覚した翌年、秋田魁新報事件の責任をとって会長・社長・編集局長が辞任した。参考資料 市川雅由『小説・秋田魁新報社 虫けらの魂』恵友社、1987年11月15日再販発行

秋田魁新報 others

「郷土の新聞」秋田魁新報の購読申し込みは、フリーダイヤルで 0120−13−1231 販売店エリアマップはウェブで。記者になるには? 採用情報 秋田魁新報社では、関東の新卒者・既卒者を対象に会社説明会があります。会場 秋田魁新報社 東京支社(東京都千代田区内幸町2−2−1、日本プレスセンタービル4階) 採用試験は、秋田市山王臨海町1−1の本社で実施予定。企画 事業部では記念日新聞を販売しています。詳しくは企画事業部まで。秋田に旅行するなら。ブナ原生林が広がる世界遺産・白神山地。世界的に知られる十和田・八幡平。男鹿半島、海岸の随所に見所。小京都、秘湯・・・魅力がいっぱい。霊峰鳥海のすそ野広がる自然。歴史のロマン、自然や物産も満載。

Copyright © 2008 県民のほとんどが読んでいる秋田魁新報